税理士です、人は見かけによりません


by pl0ntuv2at

景気判断、2期ぶり上方修正=5地域で改善−財務局長会議(時事通信)

 財務省は21日、全国財務局長会議を開き、各地域の1〜3月期の経済情勢について報告を受けた。輸出の回復や家電エコポイント、エコカー減税などの政策効果で、11地域のうち関東や北陸など5地域の景気判断が改善。同省は全体の総括判断を2期ぶりに上方修正し、「厳しい状況にあるものの、生産活動を中心として持ち直しの動きがみられる」とした。
 生産活動は5地域が上方修正。近畿からは「自動車や家電向けが好調で、リーマンショック前の9割の水準まで回復した」との鉄鋼メーカーの声も報告された。雇用情勢も5地域で改善したが、九州からは「新規採用再開のめどは立っていない」とする一部業界の厳しい現状が示された。 

【関連ニュース】
白物家電出荷額、2年連続減=洗濯機など不振-09年度
薄型テレビ、一家に1台=内閣府
3D商戦、早くも盛り上がり=予約好調、量販店の目玉商品に
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」
景気判断据え置き=4月の月例経済報告

<西武鉄道>変電所停電で運転一時見合わせ 7000人影響(毎日新聞)
交番ガラス割られる 大阪・西淀川(産経新聞)
マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に−札幌地裁(時事通信)
鹿児島知事、官房長官との単独面会応じず(読売新聞)
<年金記録>9月以降、29カ所で照合 計画概要明らかに(毎日新聞)
[PR]
by pl0ntuv2at | 2010-04-27 15:43